Heal The World Retreat Club

ヒール・ザワールド・リトリート・クラブ

クルーズセミナーTOP

About Us

お問い合わせ

Blog

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
en.png
Copyright healtheworldclub.com All Rights Reserved.

●【クルーズの服装について】

クルーズの旅を楽しむためには、周りと違和感のない服装で過ごすことが大切です。

 

クルーズの種類によって、ドレスコードが決まっています。
神経質になる必要はありませんが、世界中からバケーションを楽しむために夢を持って乗船する人々に嫌な思いをさせないためにも、清潔で普段よりも少しおしゃれな服装を心がけましょう。

 

クルーズに持っていくと良い服装

カジュアルなワンピース
パジャマ

おしゃれなワンピースまたはロングドレス
白一色の服装(5泊以上はホワイトデーがあります)

寄港地でのツアー用に楽な服装(行き帰りのフライトでも着用)

歩きやすい靴
エレガントなサンダル

室内用に使い捨てスリッパ
寒さ、陽射し除けにジャケットやカーディガン
マフラーやショール(寒い時期)

水着

下着と靴下(お部屋に干せばすぐに乾きます)

男性は、T-シャツの他に、襟のあるシャツとスラックス、ジャケット、スニーカーなどの履きやすい靴とドレスシューズが必要です
 

 

どのカテゴリーのクルーズを申し込んでいるのかによって、ドレスコードに違いがありますが、一般的に、「カジュアル」、「スマートカジュアル(エレガントカジュアル)」、「フォーマル」の3種類に分けられる場合が多いです。

【カジュアル】ちょっとおしゃれな普段着

男性:襟付きシャツ+スラックス

女性:ブラウスとスカート(スラックス)またはワンピース

【スマートカジュアル】おしゃれしてお出かけする感じ

男性:ジャケットにスラックス、ネクタイ

女性:おしゃれなワンピースまたはおしゃれなパンツスーツ

【フォーマル】格式のある結婚式に参加する時のような正装

男性:タキシード、ディナージャケットまたはダークスーツ

女性:イブニングドレス、和装(付け下げや訪問着など)

HWRCからのアドバイス

乗船しているお客様を見渡すと、ファミリー向けのクルーズでは、子供たちと一緒にT-シャツだけで過ごす人達も多いですが、毎日のフルコース・ダイニングでのお食事やショーの鑑賞の時などは少しおしゃれをした方が良いと思います。

一般的に、アメリカ人よりもファッション先進国のヨーロッパの人たちの方がおしゃれのセンスは良いです。アジア系は、服装を見ればどの国の人なのかがわかるくらいそれぞれ独特なファッションなので、欧米の人々は違和感を持つことが多いと言われています。

日本国内の流行に振り回されることなく、シンプルで質の良いものを基準に選ぶと間違えることが少ないと思いますが、値段の高いものという意味ではありません。しわにならない素材や、コーディネートによって何度も着回しが出来る服装を選びましょう。

夏場は、カジュアルな浴衣をドレス替わりに船上で着るのもステキです。

ドレスに合わせた履きやすい靴を持っていくことも忘れない様にしましょう。