【体験談】マウイ島で腸内クレンズ with レイア高橋④ 施術編

最終更新: 2019年6月29日

【体験談】マウイ島で腸内クレンズ with レイア高橋さん① きっかけ編


【体験談】マウイ島で腸内クレンズ with レイア高橋さん② レイア高橋さんの事


【体験談】マウイ島で腸内クレンズ with レイア高橋さん③ 食事・施設編



さて今回は気になる腸内クレンズそのものについて


+++——————————————————————————————-+++

※ ここからはかなり直接的な表現や、人によっては不快に感じる内容も含まれているかもしれませんので

自己責任で読み進めてくださいね。

体験なしで、言葉だけで捉えてしまうと、ちょっと怖いような?笑

びっくりするような内容かもしれません。あしからず。

+++——————————————————————————————-+++



クレンズをお手伝いしてくださるのが、こちら看護師のシェリーさん。

腸内クレンズに携わって20年というベテラン中のベテラン。

そして何より、この腸内クレンズという仕事に誇りとやりがい、そして喜びをもって携わっていらっしゃいます。

明るく陽気で、そして愛情にあふれたシェリーさんに優しく誘導されながら腸内クレンズ施術が始まります。

施術室に入る前に、腸内にいる寄生虫の排出を促すための液体(自然なもので作られているもの)を二種類飲みます。

ヒィエエエエエエ そうなんです、

生魚や生野菜を多く食べる日本人は、多くの人の腸内に寄生虫がいるのだとか…!!!

(それについては後述します)




こちらがクレンズをする台。

ベッドのようになっていて横になる事ができ(写真は横になっている状態から撮っています)

そこに使い捨ての直径1㎝程度のチューブをお尻の穴にさします。

これが結構緊張していたりすると、なかなか自分ではお尻に入れる事ができないので

私は毎回シェリーさんに入れてもらっていました。

入れる、と言っても何十センチも入れるわけではなく、ほんの5㎝程度。

また入れにくい人にはワセリンのような潤滑剤をチューブにたっぷりぬってから入れるので

痛みはまったくありません。

頭の方にはふかふかな枕があり

また使用している布類は、使用毎に取り換えていますし

チューブなどはすべて使い捨て。




施術中は寝ている状態になるため、天井には現地のアーティストさんが描いてくださった絵が。




壁一面にハワイの写真や絵画が飾られていて、またマウイの優しい陽の光が暖かくお部屋を照らしてくれます。

左側に見えるタンクのような部分から腸内に入っても優しいイオン水が精製され、それがゆっくりゆっくりと腸内に入っていきます。

無理にお水を入れて洗い流す、というよりも

深いゆっくりとした呼吸とともに腸内にお水が入ってきて

それが老廃物や宿便の排泄を促す感じです。

愛情たっぷりのシェリーさん

それぞれの人に合った瞑想音楽だったり、マッサージ器具、アロマオイルなどをもってきてくれて

大丈夫?

と確認してくれます。

さて、実際に施術を受け始めてみると…

一度腸内に入ったお水が、腸内の温度で温まり、ちょろちょろとお尻から温かいお水が流れます。

呼吸が深いとお水が入る量が多いのも、管を見ているとわかります。

そして、ゆっくりと、便意のようなお腹の痛みがあったのと同時に

ゆっくりと便が排出されました。

腸内クレンズデビュー!笑

約1時間ほど、ベッドに寝ながらクレンジングをします。

腸内のクレンズは、単純に便を出すだけのものではない

それは心身ともに変化をもたらすものだ

とわかっているシェリーさんは、その日その日にあった言葉や読み物ももってきてくれます。

1時間後、お水を止め、腸内に残っているお水を出し切ります。

なんと、その後は、出た便の内容をシェリーさんとチェック!

このチェックが、実は一番重要だったりするのです。

便の状態(硬さ)や大きさ

宿便の有無

そして前述した寄生虫までもが

目の前に見えてしまうのです。

まさに、見えない腸内の中をひっくり返して目の前に見てる感じ…

恥ずかしいとかそういった気持ちはなくなり

自分の体の中がどんな状態なのかをシェリーさんと一緒に確認していきます。

初日、私は丸っこい状態の宿便がいくつかでました。

そしてシェリーさんに

『どれだけ硬いか、この棒(菜箸のような長い棒)でつついて自分で実感してみなさい』

と促されます。

本当に硬かった…

いったいいつから私のお腹にいたのか

そしてあの宿便が何を抱えていたのか

私にはわからないけど

自分から出した、という爽快感だけは確かでした。

そしてなぜか施術後、めったにない頭痛がひどく、おそらく私の中にたまっていた

私を制限する何かだったり、感情だったりが

体の中から外に出ようとしている感覚がわかりました。

各日のクレンズの様子や体調の変化などは次回に続く

Heal The World Retreat Club

ヒール・ザワールド・リトリート・クラブ

クルーズセミナーTOP

About Us

お問い合わせ

Blog

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
en.png
Copyright healtheworldclub.com All Rights Reserved.